海外バイナリーオプションチャートの「トレンド系」と「オシレーター系」について

iu7vv バイナリーオプションで投資をされている方の中には、バイナリーオプション関連のブログをチェックされている方も多いでしょう。そういったバイナリーオプション関連のブログには、必ずといってもいい程「チャート」という言葉が出てきます。このチャートには、実は「トレンド系」と「オシレーター系」の2つのパターンがあることをご存知でしょうか?それでは、「トレンド系」と「オシレーター系」の2つのチャートの種類について、特徴などをご説明していきたいと思います。

トレンド系と言われているチャートは、ローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンドが代表的なものになります。トレンド系のチャートは、相場の動きが時系列で分かるようになっており、一目で相場の動きを把握することが出来ます。トレンド系のチャートを活用して相場の動きをみる場合は、投資の対象が高値の方向に向かっているか、安値の動きに向かっていることをチェックするのはもちろんですが、陽線と陰線の割合をチェックして今後の動きを見極めることも必要になってきます。

オシレーター系と言われているチャートは、RSI、MACD、ストキャスティクスが代表的なものになります。オシレーター系のチャートは、指数によって相場の動きをチェックするのが特徴になります。投資の対象となっているものの取引の状況が「買われ過ぎているか」「売られ過ぎているか」を判断することが出来ます。オシレーター系のチャートは、折れ線の上下の動きを見て相場の動きを判断することになります。折れ線の位置が高位置にあれば「買われ過ぎている」、低位置にあれば「売られ過ぎている」という状況を表します。

実際にオシレーター系のチャートを利用してバイナリーオプションの取引をする場合、折れ線の位置が高位置にあればその後は「価格が下がる」と予想をするのが一般的で、折れ線の位置が低位置にあればその後は「価格が上がる」と予想をするのが一般的です。

・初心者にお勧めのチャートはどっち?

バイナリーオプション初心者の方がチャートを活用する場合、「トレンド系」と「オシレーター系」のうちどっちがいいのでしょうか?初心者の方であれば、トレンド系のローソク足と移動平均線を利用されることをお勧めします。予想精度と勝率を考えるとオシレーター系の方が良いのですが、初心者の方は経験も知識もそこまでありませんので、オシレーター系のチャートは使いこなすことが難しいでしょう。オシレーター系のチャートは、ある程度経験と知識を増やしてから利用することを勧めます。


Copyrights a href="/">BainariOpshon.com