がっつりバイナリーオプション

iu7バイナリーオプションは「リスク管理が簡単」ということがよく取り上げられており、それが理由でFXとは違ってシンプルな取引というイメージが強いようです。。これは、取引開始時に権利を購入した金額が、そのまま損失額となるため、「損失の予測がはじめから立てられる」ということに由来しています。株式やFXなどと違って「大暴落」や「損切り遅れ」が発生しないわけです。

特に損切りについては、「◯円まで下がったら即売ろう」と決めて挑んだとしても、ビギナートレーダーほど「もしかしたらまた上がってくるかもしれない」という期待のもとに、売るタイミングを逃してしまうということが非常に高い確率で起こります。その点バイナリーオプションであれば、原則途中で解約することはできないものの、損失をみすみす広げてしまうようなことは起こらないので、初めて取引にトライするという方でも安心して大丈夫です。

さて「原則」途中で解約することはできない、と書いた理由は、途中で取り消すことができるバイナリーオプション業者もあるからです。バイナリーオプションは少額から購入が可能な取引なこと、購入から決済までの時間が非常に短くなっていることなどから、「ここでやめておかないと大損失が出る」というようなケースはあまり考えられませんが、万が一のために途中でやめることができる業者を選びたいということなら「権利放棄」に注目してください。

権利放棄とは、投資開始時点で購入した権利を、行使することなく途中で放棄することです。途中での権利放棄は、全額を失うのではなく、業者規定の計算方法によって購入金額の何割かが払い戻されることがほとんどなので、損失を最小限に食い止めることができます。

また「ロールオーバー」というシステムを採用しているバイナリーオプション業者もあります。これは、締め切り時間までに1度だけ決済時刻を延長することができるシステムで、権利放棄と同様リスクの軽減に役立ちます。ロールオーバーと対のような存在なのが「ダブルアップ」で、こちらはほぼ予測当確となった時点で購入金額を2倍に変更することができるシステム。バイナリーオプションは低リスクな分、効率よく利益を獲得することが難しい、簡単にいえば儲けが悪いといわれてしまいがちですが、ダブルアップをうまく利用すれば、高い確率で高利益をあげることも可能です。

より大きな利益を狙いたい人は、ペイアウト率の高い取引やポジションを選ぶという方法もあります。リスクと利益のバランスを見極め、自分にあったバイナリーオプション取引を楽しんでみてください。


Copyrights BainariOpshon.com